忍者ブログ
特定非営利活動法人 山壮辿子盛(やまもりてんこもり)は、平成20年5月に設立しました。その二大事業の「自然の中の人間塾」「山森人」を通して、参加者や私たち自身の成長の記録、泣いたり笑ったりしたこと、じっくりと考えてみたことを、酋長の視点で書き記します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日の午前中は、一般的にはPA(プロジェクト・アドベンチャー)で知られている、アドベンチャー教育プログラムを行ないました。
ここで言う「冒険」とは、主に心の冒険を示すもので、自分の中で新しいことにチャレンジすることによって、一緒に体験している仲間との絆を深めたり、自己の内部の成長を促すものです。

すでにアイスブレークが出来ている仲間なので、心ほぐし・体ほぐしのアクティビティーの後、チームで話し合うことを目的としたアクティビティーを行ないました。
その中で、自分の立ち居地、自分の無意識の振る舞いや行動パターン、グループが前進していくためにはどのように自分が関わっていけばいいのかを振り返ってもらいました。

下の写真は、「人間知恵の輪」と言うアクティビティーで、押しくら饅頭の状態で無作為に手をつないでもつれた人間の輪を作ります。それを手を離さずに解いてもらうのが課題です。
人によっては無理な姿勢と蒸し暑さ、パーソナルゾーンを無視した個人間距離を味わいます。
またすでに少し解けた所にいるメンバーは、情報が入りにくい中で、自分は何が出来るのかを問います。
企業の危機管理にも、共通するものがありそうです。
IMGP0729.jpg

次にすでに打ち解けた仲間ですが、さらにそれを深める信頼関係作りのアクティビティを行ないました。
これは、前後の仲間を信頼して、安心して倒れていく「トラストシークェンス」というプログラムです。
IMGP0732.jpg

トラストシークェンスの発展形が、下の写真の「トラストフォール」です。
床から1m強の台の上から、受け止めてくれる仲間を信頼して、後ろ向きに倒れるアクティビティーです。
※失敗するととてもリスクの高いアクティビティですので、安易にまねをしないでくださいね。

IMGP0737.jpg

今日のプログラムが終わってからの、ニューフェイスの感想は、次のものが出ました。
・すごく楽しかった。
・元々仲がよくなってきたグループだったが、さらにいっそう仲良くなった気がする。
・このグループでよかった。
・コミュニケーションがいっそう取れるようになった。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/01 酋長]
[06/01 この団体の引率者]
[01/14 酋長]
[01/14 somakudo]
[08/16 酋長]
[08/16 オプトパパ]
[08/14 オプトパパ]
[08/10 オプトパパ]
[09/04 そりゃあ!!まま]
[08/18 そりゃあ!!まま]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
酋長
性別:
男性
自己紹介:
山壮辿子盛の責任者ですが、酋長です。
ロマンスグレーには程遠い、中年です。
家族は、妻が1人(当たり前か?)
娘が1人(♪色は黒いが南洋じゃぁ美人?)
山羊2頭(時々増える)、犬1頭、鶏複数羽(変動制)
さすらいの猫数頭
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]