忍者ブログ
特定非営利活動法人 山壮辿子盛(やまもりてんこもり)は、平成20年5月に設立しました。その二大事業の「自然の中の人間塾」「山森人」を通して、参加者や私たち自身の成長の記録、泣いたり笑ったりしたこと、じっくりと考えてみたことを、酋長の視点で書き記します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトルの通り、今日は3月9日。
言い換えるとサンキューの日。
みんなありがとう。
感謝してます。

拍手[1回]

PR
国立妙高青少年自然の家を会場に、10月28~30日に開催されました「森のようちえん全国交流フォーラムin新潟」に参加してきました。
1、2日目は絶好の天気。3日目の日曜日は軽い雨模様。
IMGP4456.JPG
指定スタッフ以外は写真撮影自粛だったので、活動中の写真はなし。

今回私は、地元信濃町の信越病院小児科医の長谷川先生と、フィールドにおける救急法と危険予知トレーニングについての講座(フォーラム)を担当しました。
医療的な部分は長谷川医師が、そしてフィールドでの部分を私が担当しました。

ところで、森のようちえんはずっと興味があった部分だったのですが、実際全国交流フォーラムに参加したのは初めてでした。

それで感じたことは、次世代の育成や、次世代に今の良い自然を残そうと、活動している方は、同じ空気を身にまとっているという事でした。
とても良いエネルギーをもらうことができました。

また新たに知り合った方々もできました。
これからの展開が楽しみです。

拍手[4回]

登山ガイドのとき、よく熊鈴をつけた登山者に出くわします。
讃岐育ちの酋長は、お遍路さんが来た!と思ってしまいます。

ガイドのお客様からは、熊が怖いとよく言われます。
人間は、よく知らないものに対して恐怖を抱くといいますが、その典型のように思います。

そして、ついにそれに対する説明を昨日思いつきました。


「日本の熊が危ないか?」ということは、「新宿は危ないか?」ということに似ています。
1.例えば昼間の新宿はほとんど危なくありません。
2.夜の新宿もほとんどは、危なくありません。
3.しかし夜のしかるべき時間帯に、新宿のしかるべき所へ行って、しかるべき人への対応を間違うと、危ないかもしれません。
その程度のことです。

熊の場合、3は
a.子連れの熊、
b.いきなり鉢合わせ(熊の行動テリトリー)、
c.餌付け的行動の3点だと思います。

bを恐れて、熊鈴を付けるのだと思いますが、熊は聴覚、嗅覚とも人間とは比較にならないほど優れているので、そんなものをつけなくても、とっくに察知されていると考えて差し支えありません。
登山道は人間の匂いプンプンの場所なので、熊の方は最初から警戒モードだと思われます。

熊との遭遇で被害報告が多いのは、山菜・キノコ採り。
どちらも熊のテリトリーであるヤブに入るので、これは注意が必要かもしれません。
熊のほうも食事で忙しくて、警戒レベルが下がっていると考えられますので。

だから、登山道では熊鈴は必要ありません。
うるさくて、小鳥の声が聞こえないので、つけないで欲しいと思います。

拍手[4回]

秋の仕事の企画で、野尻湖畔のあるホテルの遊歩道の下見をしています。

水辺まで降りたところ、あまりの景色のきれいさに思わず写真をパチリ。
IMGP4162.JPG

オヤマボクチがたくさん咲いていました。
IMGP4192.JPG

拍手[3回]

黒姫高原、童話館前。
黒姫山をバックに、放牧された牛がのんびりと草を食んでいます。

今日は黒姫童話館の開館20周年記念行事が行なわれていました。
黒姫龍神太鼓の音。
ド~~ン。

草を食んでいた牛達がいっせいに、フェンスの所に、なんだなんだと並びました。
IMGP3677.jpg

 

拍手[1回]

ツリークライミングのイベント中に、隣の木でセミがいきなり脱皮を始めた。
夜になるのを待てなかったのか?
昼間の脱皮は初めて見た。
IMGP3436.jpg

IMGP3443.jpg

あわてていたせいなのか?
脱皮の殻ごと一度木の下に落下した。
再び這い上がってきて、羽に傷が付いていないのを見て一安心。
昨日、ツリークライミングイベントのためのセッティングの際に、左右の羽がねじくれて不揃いで、明らかに飛べないセミを木の上で見たので、彼(彼女?)もそうならなくて良かった。
IMGP3455.jpg

元気で飛び回れよ~。

拍手[2回]

今週土曜日に行なうツリークライミングのフィールド整備を行っています。
初めて使用する木・エリアは、よく見極め手入れする必要があります。
IMGP3144.jpg

イベントに遣う予定の木の周りをぐるっと草刈り。
その後登って、枯枝を剪定しました。

拍手[1回]

いよいよ開催まで1ヶ月弱に迫った、8月のアドベンチャーキャンプ「長距離MTBツーリング」のコースをまとめて下見してきました。

台風一過の太平洋側は、カラッとした晴れ。気持ちの良い天気でした。

(朝霧高原道の駅より、富士山を望む)
IMGP2889.jpg

(1日目夜宿泊予定の、本栖湖)
IMGP2892.jpg

拍手[1回]

アドキャンのロングツーリングを予定しています。
今日・明日で下見に行く予定でしたが、台風6号に阻まれています。

気象庁HPからの天気図データ
tenkizu20110720.JPG
うーん、明日静岡に行くと、もろにかち合いそう。
参った。

拍手[1回]

火打山・妙高山のガイドに行って来ました。

省エネで暑い地区の人たちには申し訳ありませんが、今年はこちらも蒸し暑い日が続きます。
(先日東京から来たお客さんに、「暑いですねぇ」と話しかけたら、「えっ?そうですか?」と返されてしまいました。どうやら、涼しいのにすっかり体が慣れていたようです。
IMGP2695.JPG

今年はコバイケイソウの花の当たり年のようです。
この花は数年に一度一斉に咲く年があります。
IMGP2763_1.jpg

一輪だけだと、ぱっとしない地味な高山植物「タカネニガナ」も、群生するとこんなに華やか。
IMGP2805_1.jpg

地味目のわたくしも、がんばろうと言う気になりました。

拍手[1回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/01 酋長]
[06/01 この団体の引率者]
[01/14 酋長]
[01/14 somakudo]
[08/16 酋長]
[08/16 オプトパパ]
[08/14 オプトパパ]
[08/10 オプトパパ]
[09/04 そりゃあ!!まま]
[08/18 そりゃあ!!まま]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
酋長
性別:
男性
自己紹介:
山壮辿子盛の責任者ですが、酋長です。
ロマンスグレーには程遠い、中年です。
家族は、妻が1人(当たり前か?)
娘が1人(♪色は黒いが南洋じゃぁ美人?)
山羊2頭(時々増える)、犬1頭、鶏複数羽(変動制)
さすらいの猫数頭
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]