忍者ブログ
特定非営利活動法人 山壮辿子盛(やまもりてんこもり)は、平成20年5月に設立しました。その二大事業の「自然の中の人間塾」「山森人」を通して、参加者や私たち自身の成長の記録、泣いたり笑ったりしたこと、じっくりと考えてみたことを、酋長の視点で書き記します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夏前に注文を頂いていた、別荘地のカラマツの特伐(特殊伐採)の残り最後の1本の処理が完了しました。
自己建造物と隣の家、そして道と電線にはさまれ、そのまま伐倒ができない木でした。
高さは、13~14メートルほど。

伐採手順は次の通りです。(1人で行ったので、写真はありません)
①まず、確保用のロープをランニングボーラインで、伐るカラマツの根元にセットする。
②そのロープの中間を、ワークサドル(ツリークライミング用ハーネス)に、流してつける。
③ロープスリングに登山用アブミをつけた、自作の器具で、カラマツに登る。
セルフビレイは、サドルにつけたどうなわを、木に回すことによって行う。
④登りながら、枝を下から順に、片っ端から手鋸で切る。
この時、後で足場にするために、根元から5センチほどを残して切る。
⑤幹の直径が10センチくらいの所まで登り、前記作業を行う。
⑥木のてっぺんから、2m位のところで、手鋸で、幹を切断する。
受け口は、下が斜め切りになるように、通常の逆の形に作る。
⑦切り残した枝の付け根を足場にしながら、少し降り、また2mほどの長さで、幹を切断する。
⑧手鋸できるのに時間がかかる直径20センチくらいまで、⑦を行う。
⑨手鋸で切るのが面倒になったら、①で根元に固定したロープを手繰り、残った幹の上部にこれを固定する。
⑩⑨のロープを利用して、一度下に降りる。
⑪トップハンドルチェンソーを用意し、アッセンダーを使ってもとの位置まで登り返す。
⑫確保用ロープの固定位置を、幹の切断に邪魔にならないところまで下げ、⑦と同様の手順を今度はチェンソーで行う。
この時特に留意しなければならないのは、チェンソーは切断速度が速いので、切り取って落ちる枝に自分を固定しているロープがかかっていないか、事前によく確認すること。
チェンソーで、ビレイしているロープ等を切断しないように注意すること。
あわてないこと。
⑬残りの樹高が4メートルほどになるまで、⑫を繰り返す。
⑭最後は、一度下まで降り、根元から通常の伐倒手段で、残りの幹を切断する。
⑮伐倒、切断した枝、幹を片付けて終了。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/01 酋長]
[06/01 この団体の引率者]
[01/14 酋長]
[01/14 somakudo]
[08/16 酋長]
[08/16 オプトパパ]
[08/14 オプトパパ]
[08/10 オプトパパ]
[09/04 そりゃあ!!まま]
[08/18 そりゃあ!!まま]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
酋長
性別:
男性
自己紹介:
山壮辿子盛の責任者ですが、酋長です。
ロマンスグレーには程遠い、中年です。
家族は、妻が1人(当たり前か?)
娘が1人(♪色は黒いが南洋じゃぁ美人?)
山羊2頭(時々増える)、犬1頭、鶏複数羽(変動制)
さすらいの猫数頭
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]